立ちっぱなし腰痛.com » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


漢方について

私達は腰痛や足の痛みがあったり具合が悪くなると病院を受診します。診断の後に薬が処方されます。その中にも漢方薬が含まれています。

漢方は西洋医学が中心の現代の中でも効果を認められて日々、開発されている新しい薬と併用することで私達の痛みを緩和したり体の調子を整えています。腰痛に効果がある漢方薬をご紹介します。

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合、体の疲労、老化、睡眠不足などが原因となります。この時には疎経活血湯という薬が効果的です。この疎経活血湯は血行の促進を促します。

血行が良くなる事で痛みを緩和する働きがあるのです。慢性的な腰痛で心臓などの内臓が弱っていて痛みがある場合は八味地黄丸という漢方薬を使います。

この八味地黄丸は弱っている腎臓の働きをサポートする働きがあります。腎臓の働きを助けて体質的に改善しようとする働きが腰痛の痛みの緩和に繋がります。

ストレスや体や心の疲れによって自律神経が乱れてしまったり、血行が悪くなったりする事が原因で腰痛になることがあります。この場合は精神的な安定を促がして、血の流れをよくする効果がある漢方薬を使います。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」や四逆散(しぎゃくさん)という漢方薬が使用されます。自律神経が乱れたり精神的に不安定な状態でいると体は緊張してしまいます。

その為に筋肉は硬く強張ってしまい腰痛が起きるのです。神経を落着かせる効果があるものを使うことによって筋肉の緊張がほぐれて腰痛の緩和になります。お薬手帳などを見ながら病院にかかった時に処方される薬の中にも漢方薬がないか調べてみましょう。

また今ではドラックストアなどにも漢方薬が売っています。漢方薬専門の薬局もあります。薬局では国家資格を持った薬剤師が使う人の体形や体調、飲み合わせ、分量などを配慮して薬を調合してくれます。

保険が効かないので割高にはなりますが、腰痛緩和の効果を試してみたいですね。どのような症状に効果的なのか使用上の注意事項などをよく理解をして自然の力の漢方薬を腰痛の緩和に役立ててみましょう。