立ちっぱなし腰痛.com » 環境への適応について

環境への適応について

環境問題は日々深刻となっています。日本の西側、すぐそばには発展を続けている大国、中国があるのです。日本にもそのような急成長の時代はありました。高度経済成長期です。

このような急な発展が起こった結果、森林が伐採され、大量に建設された工場からは得体の知れない有毒なガスが出ていました。

それは国の発展するために必要なことであったと言えるでしょう。その発展にはたくさんの代償があったことでさえ生かすことができているのです。

人間の命や健康という代償は大きすぎました。しかしながらその事がきっかけで改善への意識が高まったと言えるでしょう。

急速に経済の発展しましたが、その問題のおかげで経済の発展だけではだめだと考えなおすことができたのです。少しだけ古い物ですが最近公表された2010のデータでは中国では空気の汚染のために123万人もの人が亡くなっています。

国民の把握のできてない中国のデータですので被害者数はまだ増えるでしょう。なおかつ中国では3年前と比べ物にならないほどの車が走っています。

中国の石油の精製技術はまだ先進国には追い付いていません。硫黄などの不純物が混入しており、最近話題になっているPM2.5はその不純物のせいだと言われています。

それが日本にまで流れてきているのですから流暢にしていられないはずです。自国に被害があるのですから、政府が動いてほしいものですがそう上手いことはいかないのでしょう。

個人での対策も必要になってくることは否めません。ハイスペックなマスクをつけることでも自分は守ることはできます。

日本もいつまで良い状態で保てるのかわかりません。保てていないのかもしれません。諸外国の放射能汚染など日本の生活空間の悪化の原因は多数あると言えます。

日本の人々の健康を守るためには個人の心がけが重要になってくるでしょう。