立ちっぱなし腰痛.com » 変形性膝関節症と靴

変形性膝関節症と靴

靴によって変形性膝関節症を治療することができるとしたら、これは朗報といえるかもしれません。実は、O脚や変形性膝関節症の患者向けに中敷が開発されています。

オーダーメイドのものもありますし、変形性膝関節症患者向けの専用のものもあるということです。変形性膝関節症ための靴というのは、足の外側を高くする中敷となります。

これにより膝の痛みをやわらげ変形性膝関節症の症状を緩和してくれます。これらの中敷は、外側が高くなっており、傾斜角度を選ぶことができるものもあります。

靴の踵いわゆる外側が減るという場合に、足は外側に体重がかかっていることになります。このような場合、足の関節が外に向いており、正しい姿勢が保てません。

そのため、骨の部分に変形することになり、まずはO脚の形状になってしまうわけです。その後、膝の内側に負担がかかってくると変形性膝関節症の原因となることもあるわけです。

歩行時の荷重をうまく内側へともっていき、足の関節を安定させて、負担をかけないように矯正し、変形性膝関節症を改善するというわけです。外出するときには、靴は必ず必要になります。
裸足で歩いている人はいません。

日常使うものですから、選ぶときにはこだわったほうがよいでしょう。中敷ももちろんよい方法ですが、それよりも無理のない靴選びについてもお伝えしましょう。

まずはつま先が広めで上向きであることです。そして、軽くて足の負担にならず、形も適度なものにしましょう。もちろん内側が足の形状とぴったりであるということはいうまでもありません。

注意点としては、足の甲の部分が高い人がいますので、その足の甲の部分が上の部分と当たってしまい、痛みを感じたりしますので、選ぶときは必ず履いてから確認することが大切です。

そして、底の部分は弾力性があるものが良いでしょう。オーダーメイドでしたら、変形性膝関節症に合わせた靴を作ってくれるところもありますので、是非お願いしてみましょう。