立ちっぱなし腰痛.com » 頚椎ヘルニアの保存療法と後遺症

頚椎ヘルニアの保存療法と後遺症

頚椎ヘルニアに関わらず椎間板ヘルニア全体の患者の約8割程度の患者が選び現在治療に励んでいるとされる保存療法ですが、基本的に人体の自然治癒力を主軸にして治療していくため時間がかかることにより神経の圧迫されている時間が長く、そのまま後遺症が残ってしまうことがあります。


神経が圧迫されることにより腕・手・指先・足先などに痛みや痺れの症状を引き起こす頚椎ヘルニアですが、その期間が長い程、適切な処置が行われないと症状もどんどん重症化していくため後遺症も残りやすくなります。

これは、頚椎ヘルニアが重症化することにより、神経が損傷してしまう可能性が高くなり、その損傷のせいで神経が繋がっている手や足に影響を及ぼすものと考えられています。

保存療法による、頚椎ヘルニア治療の後遺症の可能性としては、症状は基本的に痛みや痺れ、末端などの箇所が多少突っ張りを感じるというものが多いとされています。

このような後遺症は軽度なものとされていますが後遺症という事実に変わりはなく、日常生活の中でふとした瞬間に違和感があるように感じてしまうので、今まで通りの全快な状態での生活ができるというわけではないのかもしれません。

軽度の後遺症だとある程度抑えることや、紛らわせることも可能なようですが、残ってしまった頚椎ヘルニアの症状が重い場合には、一時的に和らげることが出来ても取り除くことはなかなか出来ません。

ですので、頚椎ヘルニアが完治してからは後遺症による指先の痺れに悩まされているという方もいるようです。保存療法から後遺症を確実に引き起こさない方法というものはありません。

何故なら、個人差のある患部やその他の箇所への症状や頚椎ヘルニアの進行状態、更には治療中にかかる患部への負担具合などで変わってくるからです。

せめてもの予防法としては担当医の指示をしっかりと守り、適切な治療を行いながら出来るだけ患部を安静に保つという頚椎ヘルニアの治療の基礎とされることを守るということでしょう。