立ちっぱなし腰痛.com » 神経ブロック注射の効果

神経ブロック注射の効果

椎間板ヘルニアなどの治療法として神経ブロック注射が行われます。

神経ブロック注射とは簡単に説明すると実際に痛みを感じる部位の神経の付近に薬液を注入することで、一時的に神経の痛みの伝達する働きを抑制し、痛みで異常をきたしていた部位を治療する手法です。

正確には痛みで過剰反応を起こしている神経をブロック注射の麻酔薬により一時的に麻痺させることで、痛みを感じさせる情報を止めているということで、当然ですが神経そのものを切断しているわけではありません。

この効果を神経ブロックと呼んでいます。神経ブロック注射を実際に行うには痛みの原因を詳細に検査することや、患者の話を良く聞き考慮に入れた上で、医師が治療を行うかどうか決定をします。このように基本的には"痛みがあるようなのでブロック注射をする"といった簡単に多用される治療法ではありません。

まずは患部への治療を行われます。例えばコルセットを用いる方法、炎症を抑えるための抗炎症剤やビタミン剤などの投薬治療、またストレッチなどリハビリ的な治療法を施したうえで改善が見られないような場合に神経ブロック注射を行うかどうかの判断をするといった流れになります。

神経ブロック注射は痛みを伝える神経に直接働きかける治療法なので非常に高い鎮痛効果、即効性が期待できます。

しかし、実際に注入される局所麻酔薬自体の効果が持続するのは一般的に数時間となっています。実は神経ブロック注射はというのは痛みを抑制する直接的な作用はもちろん期待する作用の一つですが、元々痛みを感じることにより筋肉がこわばっていることや血流が悪くなっていることが多いので、痛みを取り除くことでそれらの状態を改善し、人間が本来持っている自然治癒能力の効果を促進するという作用にも期待をします。

また痛みのある部位に接近して治療が行われるので、他の部位に及ぼす影響が少ないのも利点です。

腰痛はブロック注射に頼らなくても改善することができます