立ちっぱなし腰痛.com » 股関節のストレッチについて

股関節のストレッチについて

私たちの体の中で、股関節は様々な動作の際に負担がかかる部位の一つです。特に歩く・走ることや、階段の昇降などの際にも股関節が動作しているというのは、分かるかと思います。

つまりこの股関節が老化や運動不足といった要因により硬くなってしまうことや、機能が低下してしまうと様々な動作において障害や不調が生じてしまうということです。

さて、ここまでで自分の身体について気になったあなたは是非その場で開脚をしてみて下さい。関節に痛みは感じませんか?関節に痛みが生じている場合は恐らく、硬くなってしまっている状態です。

このような時にはストレッチや中川式ストレッチングベンチがお薦めです。ストレッチをすることで柔軟性が高まりますし、関節自体の可動域を広げることが出来ます。こうして股関節のパフォーマンスを向上させておくことで、普段の動作が非常にスムーズになりますし、疲れも取れやすくなります。

日々の生活の中で少しずつでもいいので継続して、ストレッチを行っていくのが良いでしょう。股関節に対してのストレッチとしましては、良く行われている運動で、経験があると思いますが、座ったまま脚を左右に広げ伸ばした後に、状態をそれぞれの脚先の方へ交互に近付けるという運動があります。

このときの足先を触ろうと反動をつけて勢いよく状態を動かす方がいますが、そういったことはストレッチにおいてはしてはいけません。届かなくても良いのでじっくりとゆっくりと関節に少しの緊張が掛かるくらいで静止をするようにして下さい。

また、股関節のストレッチとして非常におすすめなのが四股です。大相撲の力士が行っているあれですね。脚を肩幅に広げた後に、足を交互に上に上げて下げるという繰り返しなので非常に簡単です。

しかし、四股というのはこんなちょっとした動作ですが、股関節への働きかけとしては非常に有効です。プロ野球選手でも四股をすることで股関節のメンテナンスをしている選手がいます。