立ちっぱなし腰痛.com » 快眠について

快眠について

特に日本人に多いとされているのが、慢性的な睡眠不足の症状です。仕事を持っていて、規則的な生活をしているという方でも、たまに残業があったり、仕事を家まで持ち込もうとしたりして、快眠ができずに健康を損なってしまうという方はとても多いようです。

このような健康に悪い不規則な生活リズムの中で健康と快眠を心がけようとするのなら、生体リズムを整えることが大切です。朝になったら必ず太陽の光を浴び、生体リズムを整え、散歩をするなど健康を意識して適度に体を動かすことで、夜に快眠ができ健康になります。

眠たいのに寝る時間が無い、少ない、という場合もあれば、眠気が無いという場合もあります。特に脳自体が緊張を持続させていると、なかなか眠れなくなるものです。

この場合はできるだけリラックスさせることが大切です。そうすることで、健康に良い睡眠を得られるようになるのです。例えば軽いドリンクでも、コーヒーやお茶、栄養ドリンクなどはカフェインのせいで脳が興奮しがちになってしまいます。

また、食べてすぐの睡眠は健康にも良くありませんので、少なくとも寝る2時間前には済ませ、ドリンクはよりリラックス効果の高いものを選択するようにすると快眠ができて、健康状態を回復できます。

寝るまえによくリラックスさせ健康な睡眠を得るためには、ハーブテイーがお勧めです。レモンバームやリンデン、オレンジフラワーなどは、快眠効果がとても優れています。よく寝るためにはカルシウムも大切ですので、牛乳を飲むとよく眠れるという方は多いようです。

イライラしている気分を落ち着かせるためにもカルシウムを多く摂るとよいですが、寒い季節にはホットミルクなどがとても適しています。グレープフルーツの成分には、自然な眠りに誘う効果がありますので、よく温めたグレープフルーツジュースを飲むという方も多いようです。

枕や布団はあまり柔らかすぎないほうが特に腰などに負担がかからず、健康へのメリットが高くなります。またアイマスクや耳栓などで騒音対策をするのも大切です。